光脱毛って実は良く分からない?その効果や施術

hikaridatu

オシャレをするならやっぱりムダ毛は気になるし脱毛はしておきたいというのが世の女性の本音ではないでしょうか。

そこで脱毛方法は色々ある中、光脱毛というベターな方法を選ばれるのはそれだけその言葉が浸透してるからかもしれません。

けれどもこの光脱毛って実のところあまりよく分からない、光っていうくらいだから光で毛を抜くの?それとも焼くの?どちらにしても痛そうというまだ光脱毛を経験されてない方も居られると思います。

この光脱毛とは熱を照射して毛根組織を破壊する方法となっててフラッシュが光ることからそうした呼ばれ方をされています。また出力が低いことから医師の資格が必要とされずサロンなどで多く利用されています。

そして肝心の効果としては熱を照射することにより毛を生えにくい状態にすることができたり、毛自体を細くしてしまったりなどがありますので仮に自己処理されるならば今までの脱毛ケアとかなり違いが分かるかと思います。

また生えなくなる毛穴も出てくるかもしれません。人間の体毛周期というのは生えては抜けるの繰り返しなのですが、光脱毛は毛根を衰えさせるからこそ毛が抜けるわけで、
そうなるまではやっぱりそれなりの時間が必要となります。

光脱毛の効果については本当に人によって大きく差があり異なりますので平均として2週間から3週間くらいだと考えておきましょう。

そして何よりも気になる痛みについては熱をお肌に照射するのですからそれなりに痛そうと思うかもしれませんが、こちらもまた人によりけりで痛みに弱い方はそもそもどんな施術でも痛さを感じるとは思います。

ただここも平均的に考えるのであれば出力も低いので医療レーザーなどと比較しても遥かに痛みの少ない施術となっています。

では医療レーザーだとどうでしょうか?光脱毛とどのくらい違いがあるのかについてはまず医療行為であること、そしてもちろん医師の資格が必要になってきます。

資格の境目は出力にあり医療レーザーは光脱毛のフラッシュよりも高く設定されています。つまり全体的にその効果は高くなるということにもなり例えばレーザーなら施術も早く済ませることができます。

さらに医療だからこそお肌に何か問題が起きれば医師がすぐに診てくれるという大きなメリットもあります。

ただデメリット的なことを挙げるならば費用が高めということもあり余裕がなければ厳しく、さらに痛みは光脱毛よりかなりあります。ですのでお金にあまり余裕がない、そもそもお肌があまり強くなく痛みに弱いなどを考えるのであれば光脱毛を選んだ方が良いということになります。

そしてどちらを選ぶにしても脱毛機器の仕組みと言うのは熱をお肌に照射しますからそれなりのダメージはあります。もちろんスタッフはお肌のダメージ緩和などを考慮しておりますが、だからといって脱毛施術を受けた後に普段通りの生活をしてはいけません。

まず入浴は雑菌が多く存在する場所ですから弱ったお肌にはトラブルを引き起こしやすいです。アルコール、体温が上昇するとお肌に熱が籠ってトラブルになる。日焼け、こちらも当然のことですが冬の場合も実は紫外線などがキツかったりしますので注意が必要です。

また脱毛施術を受けられる際には注意事項も多いのですが光脱毛の機械というのはそもそも黒い物に反応するようにできています。つまり色素の濃い部分やホクロなどは火傷の危険性もあるのですがサロンなどはしっかりとシールなどを貼り隠してくれます。

ですからお肌はまず脱毛施術を受けられる状態にしておくこと、施術後にはさらにお肌トラブルにならないよう2,3日気を付けることを念頭に置いて綺麗なムダ毛処理ができるようにしておきましょう。